JOURNALBMCジャーナル

JOURNAL

パレハとしての生デニム(リジッドデニム)とは?洗い方は?

デニム好きの皆様に質問です。

あなたは、ジーンズを1から育てる派?

筆者は、ジーンズのプロですので基本的には、【ジーンズを1から育てる派】です。(*写真は、これから育てるリジッドジーンズです)

でも、ジーンズを1から育てるのが面倒臭くなってるのも事実です・・・(汗)

 

このジーンズを育てるというものをジーンズマニアかそうじゃないかの境界線にしたがる傾向があります。

 

正直、ジーンズを1から育てるというのは、ファッションの1アイテムとなって久しいジーンズにおいては合理性に欠けます(汗)

現在のファッション業界におけるジーンズの立ち位置は、カラーパンツです。

一昔前のように、デニムを語って、ジーンズを語って、それぞれのこだわりを語ってという時代ではありません。

そんな時代にも関わらず、ジーンズを1から育てる派は一定数います。いわゆる、レプリカジーンズをこよなく愛する、40-50代を中心とするジーンズマニア達です。

しかし、現在・・・ファッション感度の高い若者が、その派に続々加入しています(笑)

ファッション感度の高い若者は、ファッションとして生デニム(リジッドデニム)を好みます。

 

好む理由は、ズバリ!生デニムが持つ独特の色です!

 

糊のついた独特の光沢感ある色が、現在好まれる綺麗目スタイルに合致するからなんです。

数年前に再ブレークを果たした A.P.C. のジーンズの影響です。

(参照元:A.P.C.STORE:http://www.apcjp.com/jpn/denim

生デニム(リジッドデニム)を穿き続けるとジーンズが1から育ちます。

結果的に、ジーンズを1から育てる派に加入してるんです(笑)

(写真参照元:ACTIVISTA https://activista24.com/mens-pants-8/ )

 

 


生デニム(リジッドデニム)の魅力とは?


 

 

【ジーンズを1から育てる】というのは、自分の体型にフィットした色落ちを楽しむ行為です。

現在流通している、大量生産にて作られた、スタイリングの1つとしてのカラーパンツの意味合いの濃い、洗い加工の入ったジーンズではなく、自分の体型にフィットした自然な色落ちを、自分のライフスタイルに合わせて変化していく様を楽しむ事ができます。

これが、ジーンズの味というものです(笑)

 

超スローライフで、ファッションとは異なる価値を持つものが、ジーンズを1から育てるというものなんです!

 

ジーンズに興味がない方には、全く意味がわからない世界でしょうね・・・(苦笑)

 

なぜ、自分に合った自然な色落ちになるのか?

 

それは、生デニム(リジッドデニム)は、デニムに糊がついたままだからなんです。

多く流通しているユーズド加工の入ったジーンズは、ユーズド加工を入れるタイミングは、縫製から上がった段階=生デニムの状態で行われます。

 

糊がついたままの生デニムは、生地の硬さや糸の硬さにより、アタリやヒゲがつき易い状態なんです!

 

大量生産で作られるユーズド加工は、ほぼヒゲやアタリに個体差はなく均一な表情をしています。

この大量生産された無機質で均一なユーズド加工とは異なる、奥深く、味わい深いユーズド加工を求めるには、ジーンズを1から育てるのが最適なんです!

生デニム(リジッドデニム)の魅力は・・・

*体型にフィットした自然な色落ちを楽しむ事ができる

*大量生産品にはない色落ちの奥深さと味わい深い表情を作る事ができる

*この世で1本だけのオンリーワンジーンズを作る事ができる

*育ててる間のライフスタイルをジーンズに刻む事ができる

 

・・・・・興味ない人には、全く伝わらない価値でしょうね(汗)

 

==================================================

合わせて読みたいBMC JOURNAL

デニムのロープ染色ってナニ?

【ユニオンスペシャル】のジェーンステッチは価値が高い!

なぜデニムは色落ちするのか?

==================================================

 

 


生デニム(リジッドデニム)のデメリット


 

 

生デニム(リジッドデニム)は、ズバリ!未洗いです!

これが、最大のデメリットであり、ジーンズマニアを虜にする要素です。

ジーンズマニアを虜にする、未洗いは、上述の通り育てる為に必要不可欠なものです。

最大のデメリットである未洗い・・・・・

 

ズバリ!!!!!!

 

縮みます!!!!!!

 

購入した後に、家庭洗濯を行うと、購入した時のジーンズの寸法から確実に小さくなります。

 

自分に合ったサイズ感を作る事が難しいんです!!!!

 

とはいえ、超ジーンズマニアが好む生デニムは、生地の作製段階でのキバタといわれる、NAKED状態です。正直、キバタ状態のデニムは、生地メーカーさんでも生地の縮みが予測できない危険な代物です。防縮加工も防捻れ加工も入ってない危険なやつです・・・

 

現在流通している大多数の生デニム(リジッドデニム)は、生デニム(リジッドデニム)ですが、ちゃんと生地段階で防縮加工も防捻れ加工も行われています。

 

購入した時より確実に縮みますが、ある程度縮みを予測する事は可能なんです!

 

==================================================

合わせて読みたいBMC JOURNAL

問答無用で強制的に生地を縮めるサンフォライズド・・

==================================================

 

でも!

確実に購入時より縮みます!!!!

普通なら、縮むとクレームになりますが・・・この縮みも含めて、ジーンズの味とできますからね〜ジーンズって素晴らしいです(笑)

 

 


縮む生デニム(リジッドデニム)は、どう洗えばいい?


 

 

生デニム(リジッドデニム)のジーンズを購入しました。

生デニムは、糊がついています。この糊が自分にフィットした自然な色落ちを作ります。でも、洗うと縮みます・・・・

 

【購入時のポイント】

一般的に言われるのが、「ジーンズを穿いた時にウエストに拳1個分の余裕があれば、家庭洗濯後でウエストにフィットするように縮む」です。

 

現在の生デニムは、防縮加工が入っています。そして、それを提供するジーンズブランドは、家庭洗濯試験を行い縮みデータを蓄積しています。生デニムの流通時点で、その家庭洗濯縮みデータを加味した寸法設計にしています。

 

だから、拳1個分というゆとりが出てきます。

 

例えば、ウエスト30インチの設定寸法に対して、家庭洗濯での縮みを2cm加えているとします。

流通段階でのウエスト30インチの設定寸法は、30インチ+2cm となります。

いつも30インチを購入する人は、大きいと感じますが・・・・これは家庭洗濯を行うと通常の30インチになる(=縮む)という事です。

ですので、ジーンズブランドの提供サイズを理解し、購入しないと、自分のサイズに合致したジーンズを作り上げる事ができなくなります。

ウエストは、このようにすれば、まず間違いないですが・・・

股下は・・・・・・・・

 

家庭洗濯を繰り返し、股下が縮みきってから裾上げを行う!

 

という生デニムの絶対的取り扱い方だけは守りましょう(笑)

購入した時点で裾上げすると、家庭洗濯で徐々に縮ませてるうちに・・・クロップド丈になっちゃいますよ(汗)

 

さて、さて、ここからが、生デニム(リジッドデニム)の中でドキドキの洗い方についてです。

ジーンズマニアの中の【糊落としの儀式】という、ファーストウォッシングです。

 

正直言うと・・・BMC JOUNALで書くまでもないんですが・・・グーグルで検索してみて下さい(笑)

色々な生デニム(リジッドデニム)の洗い方が出ていて、とても参考になります!

 

生デニム(リジッドデニム)の洗い方は、一昔前の手法や都市伝説的なものが多いです。

 

せっかくなので、筆者の過去の経験からファーストウォッシングとその後の洗い方をお伝えしますね!

 

む】という最大のデメリットに対して、数回の家庭洗濯で自分の体型にフィットさせていくものです。なので、縮みきるまでに時間がかかります。でも、確実に自分の体型へフィットさせる事ができます。

 

*糊落とし

(写真参照:https://smartlog.jp/14496

 

ぬるま湯(温度は40度ほど)にジーンズを表にして最低1時間漬け置きして下さい。

 

確実に、ぬるま湯の中にジーンズを漬けて下さい。

そうすると、ぬるま湯がドンドン茶色に変色していきます。これが、糊です。

塩を入れるとか、糊抜き剤を入れるとか、色々と手法はありますが、糊は水溶性のものが多いので、じっくり漬け置きすれば問題なく糊は取れます。

 

 

*すすぎ

(写真参照:https://smartlog.jp/14496

 

糊抜き後に、ジーンズを裏返して洗濯機に入れて、すすぎボタンを押して下さい。

 

ジーンズを裏返すのは、洗濯機の槽にジーンズの表面が触れるとスレが発生したり、アタリが発生したりするのを防ぐ為です。

そして、必ずジーンズ単体で、すすぎ洗いをして下さい。ジーンズは、色落ち・色移りします。糊を抜いた直後は、経糸の残留インディゴが動きやすくなっていますので、それがかなりの確率で発生します。

 

 

*干し

インディゴは紫外線に弱いから、裏にして干すとか、股下が短くならならない様に逆さ釣りにして干すとか、色々と手法はありますが・・・

 

ジーンズが表でも裏でも、どんな干し方でも、直接陽が当たらない様にして、乾けばOKです。

 

2回目以降は、*糊抜き工程が、洗いになります。裏返して、洗濯機に突っ込めばいいですよ(笑)

ジーンズって、タフなので大丈夫です!

 

この方法は、筆者の経験則から来る、少しづつ確実に縮めていき、体に馴染ませる方法です。

乾燥機に入れて一気に縮めて穿こう!とかって推奨してる人もいますが、生デニム(リジットデニム)を育てて行くというのは、相棒を作るという事です。急がず焦らず徐々にやって行くのがベターです。

あっ、相棒じゃないな・・・・パレハですね(笑)

パレハのジーンズと会話しながら、ゆっくりゆっくりジーンズを育てていきましょう!

4年間、穿き込んだらこんな感じになりますよ!!

生デニム(リジッドデニム)は、手間がかかるけど・・・最高です!!

  • SHARE