JOURNALBMCジャーナル

JOURNAL

【超長綿】って知ってるようで知らないよね!?

お久しブリーフ。

正直言って・・・BMC JOURNALをサボってました(笑)

なんか、ちゃんとした記事にしないといけないという強迫観念から逃れる為に、「忙しい」を理由にサボってました(笑)

今月から、ショートな記事でBMC JOURNALを復活させます(また、突然更新止まるかも)。そんな時は、俺のブログでも見て下さい(笑)

ってなわけで〜BMC JOURNAL再開です!!

 


綿=コットン なんですよ!


 

アパレル業界にいると生地を必ず使います。数年前から合繊・化繊ブームですが、生地に使われてる繊維っていうと・・・【綿】ですよね!

Cotton ball on the hand. Close up shot close up shot

【コットン】って?綿?といまいちな知識の人も多いと思います。

正解は・・・・【綿=コットン】です(笑)

詳しくは、知識の宝庫 ウィキペディア を参照下さい。

仕事してると、有名アパレルメーカーやアパレルブランドの企画や生産の若い人で、「これって綿ですか?」「これってコットンですか?」とまるで異なる繊維の様に聞かれたりしますが・・・・・アパレル辞めた方がいいよ!って心の中で叫んでる自分がいます(苦笑)

世界の知識 グーグル や、ウィキペディアで 綿=コットン を調べて、アパレル業界に残れるベースを自分自身で作って下さいね!

 


コットンの繊維長は4種類あるんだYO!


 

コットンの生地を見て、触った事のある人がほとんどだと思います。

綿=コットンって、繊維ってのは知ってますよね?

この繊維に長さがあるの知ってます?繊維長って言われるやつです。

綿や麻、羊なんかは、それぞれ繊維長が異なります。もちろん!綿=コットンも種類によって繊維長は様々です。

コットンもいろいろな種類があるんですよ!(この話は、また別のBMC JOURNALで書きますね。)

コットンの繊維長って、4種類に分類されます。

*短繊維綿(21mm以下)

*中繊維綿(21mm〜28mm未満)

*長繊維綿(28mm以上)

*超長繊維綿(35mm以上)

これ覚えておこうぜっ!!!アパレルにいたいならさっ(笑)

筆者は、デニム業界にいるので、基本的にデニムという生地を毎日触っています。デニムも綿=コットンで出来ています。

短繊維・中繊維・長繊維は、基本的にブレンドして紡績してるのが一般的です(合わせて読みたい過去BMC JOURNAL)。

ただね!35mm以上の繊維の長さを誇る超長繊維って・・・特別なんですよね!!!!!

同じコットンですが、長繊維綿と超長繊維綿の差は、とんでもない差なんですよ!生地にしたら一目瞭然です!

しなやかさ・光沢・膨らみ・強さ・・・あらゆる面(メン)で差別化できる綿(メン)なんですよ!ラーメン屋でも麺(メン)で違いが出るのと同じです!メンの違いって凄いんです(笑)ラーメン好き?

 


三大 超長綿 知ってる?


 

さてさて、コットンの王様である超長綿(繊維長が35mm以上)。

この超長綿の中にも数種類あります。

採れる地域も様々なのがコットンです。

採れる地域の中でも、複数のコットンが存在します。

赤丸が主なコットンが採れる地域です。

だいたいが、地域の産業(国の産業かな)なので、それぞれでブランディング化されています。〇〇綿!〇〇コットン!なんて呼ばれています・・・が、要はコットンです(笑)

マニアックな視点で、繊維長の差があって、その中で更にブランディングされています。十把一絡げのコットンという繊維を繊維長で更に細分化し付加価値をつけています。上述のように確実に生地にすると違いがわかりますが・・・消費者にはあまり関係ないマニアックなものです(苦笑)

ただ!アパレル業界の人は、違いを理解しないとダメですよ!

さてさて、超長綿の中で、三大ブランドってのがあります。

知ってました?

この超長綿の名前さへ覚えとけば大丈夫です!

(超長綿 三大ブランド)

*ギザ綿・・・エジプト ギザ地方の綿

*スーピマ綿・・・アメリカ アリゾナの綿

*新疆綿・・・中国 新疆ウイグル自治区の綿

それぞれ、特徴があります。でも、今回は割愛します(笑)だって、どれも、ばっくり超長綿なので!!

面倒臭いんですよね〜。それぞれブランディングと品質保持の為に、協会があったり、外郭団体があったりしてさっ(汗)

ギザ!スーピマ!新疆!

って覚えとけばいいです(笑)今の時点では。

コットンは、デニムの基本であり、アパレルの基本ですので、グイグイっと掘り下げて行きますよ〜今後のBMC JOURNALで。

 


超長綿の特徴のおさらい


 

そろそろ、まとめに入りますね〜。

書き出すとのっちゃうんですよね(汗)

はい!超長綿とは?

(超長繊維綿の特徴)

*綿=コットン

*  繊維長が35mm以上

*(綿繊維の中では)手触りが良い

*(綿繊維の中では)しなやか

*(綿繊維の中では)毛羽立ちしにくい

*(綿繊維の中では)光沢がある

*(綿繊維の中では)繊維強度が強い

*  紡績しやすい

*  薄くて軽くて強い生地が作れる

*  高価!!!!超高価!!!

ってな感じが特徴です!OK?覚えてね〜。

ジーンズ業界にいると、超長綿を用いたデニムがよく出てきます。

1つは、デニム生地の差別化(=付加価値)として超長綿を使います。しかしながら、現在のマーケットでは、消費者に響かないです。なぜなら、超長綿を使用したデニムで作られたジーンズって高くなります・・・買わないよね〜マス市場は特に(苦笑)

もう一つは、緯糸に超長綿を使用して、肌に触れる面を滑らかにして穿き心地向上に使用します。これは、レギュラー綿(超長綿以外の繊維長の綿)を用いた緯糸のデニムと比較すると、なんということでしょー!ってくらいの違いがわかります。でも、高価になりますがね・・・。

そして!これはデニムを作れる知識のある人だけが知ってる・・・極秘情報(笑)空紡糸のデメリットである強度を向上させる為に、ちょっとだけ超長綿をブレンドしてあげると・・・なんということでしょー!(笑)これね、本当に中途半端な知識で生地屋さんに言っちゃダメですよ!紡績工程も理解するだけじゃなくて、糊付けや、染色、織布のあらゆる工程を理解した上で、オファーしないと確実に生地屋さんに嫌われますよ(笑)

とりあえず、今回の話では、超長綿のイントロだけです。

あんま、詰め込みすぎると・・・知識に溺れた頭でっかちになりますからね!この生地の赤文字や青文字を商談で、ポイポイっと放り込んでいくと・・・オッ!こいつやるな〜!って思われる事、間違いなし!です。

 


超長綿って、実は同一種なんです(笑)


 

ギザ。スーピマ。新疆。って三大ブランドをさらっとお伝えしましたが・・・実は、どれも同じ種類なんです!栽培の地域の環境や栽培方法で特徴が異なるだけで・・・実は、この3つの上位に君臨するキング・オブ・超長綿があるんですよ!!!!!

英国王室御用達だったという伝説の(現在も普通に存在しますが)超長綿の親玉〜

超長綿に愛され!超長綿に愛されたコットーーーーン!!!!!!

海島綿=シーアイランドコットン だぁ!!!!!!!!!!

カリブ海の西インド諸島で採れるコットン・・・

なんで、カリブ海なのにインド諸島?????全く関係ない話ですが、これ大航海時代の勘違いで名付けられたっていう豆知識はグーグル先生で調べて下さい。

(海島綿=シーアイランドコットンの特徴)

*シルクのような光沢

*カシミヤのような肌触り

*圧倒的に長く細い繊維

*反射率(普通のコットンの50%以上)=超光沢

*害虫に弱い

*気候の条件も厳しく育てることが難しい(通常の綿の10万分の1しか生産することができない・・・本当かどうかは知らない。)

要するに、超長綿の王様は、超レアキャラなシーアイランドコットンって事です!

ほら。

絹みたいでしょ?光沢!

目玉が飛び出るくらい超高価なコットンです・・・・・

*シーアイランドコットン

*ギザ

*スーピマ

*新疆

覚えとこうね!!!

基本中の基本の綿の知識です。

  • SHARE