JOURNALBMCジャーナル

STORY

【 激白!ゼロからのアパレルブランドとお金の話 】#5

なんとか、今月も間に合ったぜっ。
ギリギリですね・・・3月も残り僅か・・・危なかった(°▽°)

コロナ。コロナ。コロナ。で、何だかバタバタしてましたよ。

アパレルは、19AWの暖冬からコロナでしょ〜
本当に散々たる結果ですよね・・・ここ数ヶ月は。
コロナが直接の要因でなくても、コロナの影響が引導を渡す感じで、バッタバッタとアパレル企業が倒産してますね・・・

恐ろしや(汗)

倒産って、お金が・・・現金が無くなって維持できないって事です。
現金は、自らのお金でも、借りたお金でも、資産を売却したお金でも、何でもいいんです。

#お金に色はない

#お金は血液だ

とにかく会社を維持運営する為には【金】が必要です。
ブランドって会社が維持できてナンボですよね?
ってことは、ブランドにも【金】が必要です!!

というわけで、今月もいってみましょうか(☝︎ ՞ਊ ՞)☝︎

 

【 激白!ゼロからのアパレルブランドとお金の話 】#5

みんな覚えてる?過去4回の話。
続いてるから、自分で過去の記事を確認してね〜。

前回は、送料を考えましたよね。
卸売での製品の原価以外に必ず掛かる経費・・・送料(運賃)!

それを踏まえて、新ターゲットはこうなりましたよね。

(新ターゲット数値)

*卸売価格 : 3,615円(店頭販売価格 7,000円、掛け率52%)

*年間販売点数 : 8,722本(月間販売点数 726本)

*卸売年間売上高 : 3153万円

*年間経費 : (仮)763万2千円

*年間配送料 : 100万円

*粗利率 : 27.4% = 863万2千円

#5からは企画の話に行こうかな〜って思ってましたが・・・
年間販売点数:8,722本(月間販売点数 726本)が、『無理ゲー』じゃないかという感想を頂いたので、
実はさぁ、数字に落としていけば『有りゲー』なんだぜっ!て事を今回は書いてこうかなと思います・・・・たださぁ、あくまでもブランドビジネスを組み立てる前段階の試算だからね。

予算

ってやつだよ。目標ね・・・目標。でないとお金の組み立てができなくなるからね〜♪( ´θ`)

 

在庫回転率から逆算してみる

 

俺は、ジーンズブランドを立ち上げる為に起業しました。
当たり前ですが、『自分自身の経験を注ぎ込んだ自分史上最強で売れるジーンズブランドで勝負しよう!』と心に決めています。

必要経費から逆算して、それを賄う為に売上目標や年間販売数を設定しましたが・・・年間販売点数:8,722本ってどうすんべ?ですよね(汗)

この無謀な年間販売点数ですが、本当に無謀なのか?

自分自身の経験値にある指標を引っ張り出してみると・・・

【ジーンズの年間在庫回転率】から考えてみる事にします。
俺がサラリーマンやってる頃(今から5-6年前)は・・・・・

【ジーンズの年間在庫回転率】= 2回転

という指標がありました(今は、もっと低いだろうな〜)。
在庫回転率ってわかる?
わからない人は、Googleで調べてみてね٩( ᐛ )و

(補足)当時はギリギリ、ジーンズはジーンズ小売店頭では年間定番商品となっていて、いわゆる壁面という店頭ストックにて常に在庫確保しつつ売られていました。

年間2回転ってことは、超簡単に考えると、お店に年間3回納品するってことですよね。
わかる?
(実際は、色々異なるけど分かりやすくする為にこの様に考えます)

単純に計算してみると、

年間販売点数:8,722本  ÷  3回  =  2,907本/納品

で・す・よ・ね。

仮に年間3回納品するって考えると、1回の納品点数は 2,907本 になります。これが卸売先の壁面を飾る店頭在庫って事になります。

 

SKUを用いて初回納品点数をセットする

 

1回目の納品 2,907本 って、アパレル卸売でいうところの・・・初回納品ってやつです(以後、初回納品とします)。

渾身の俺のジーンズは、定番ジーンズを目指しているので、下記の様な初期値を設定しています。

(型展開)
*タイトフィット型
*レギュラーフィット型
*ルーズフィット型
→3型展開

(カラー展開)
*リンス
*ダークユーズド
*ライトユーズド
→3色展開

(サイズ展開)
*S,M,L,LL,3L
→5サイズ展開

3型  ×  3色  ×  5サイズ  =  45 SKU
SKU = stock keeping unit(ストック・キーピング・ユニット)

3型・3色・5サイズ の 1SKU を 1点 納品したとすると、45SKU = 45点 納品するって事です。いわゆる・・・セットですね。45点セットです(できるできないは考えないよ〜)

 

展開店舗数を設定する

 

納品 2,907本 って、何店舗に納品すればいいのか?
イージーですよね!

1セット 45点(本) ですね。

つーことは・・・・

2,907本  ÷  45本  =  64.6店舗( = 65店舗 )

そう!
そうなんです!
65店舗に納品できれば、65店舗 × 45本 = 2,925本 でクリアーなんですよ!

65店舗ですよ。
世の中にジーンズショップって何店舗あるの?
当時の上場企業の店舗数足したら・・・軽く1000店舗規模でしたね。
今は悲しい感じですが、当時は地方のジーンズショップを合わせても300店舗はありましたからね。
仮に1300店舗の規模があったとすると、65店舗って1300店舗の5%の規模です。

どう?

『無理ゲー』じゃないでしょ?(笑)

 

展開店舗とフォロー数から予算を設定する

 

はい。
まとめのコーナーです(笑)

(ジーンズ展開規模&売上予算)

*展開店舗数:65店舗

*初回納品本数(点数):2,925本(1店舗45本納品)

*年間フォロー総数:5,797本(年間販売点数8,722本 – 初回納品2,925本)

*月間フォロー数:483本(年間フォロー数5,797本 ÷ 12ヶ月)

*1店舗月間フォロー数:7本-8本(月間フォロー数483本 ÷ 65店舗)

*1型1色 月間売上本数:約1本(7-8本 ÷ 9マーク)

 

*初回納品売上高:1,057万円(粗利290万円)

*年間フォロー売上高:2,096万円(粗利573万2千円)

*月間フォロー売上高:174万6千円(粗利47.8万円

 

なんか、いけそうでしょ?

(予算クリアー条件)
*65店舗へ納品する
*1店舗45本を必ず納品する
*年間2回転の在庫回転率を維持する

この予算と条件を満たす為に、ここからアイテム展開や企画開発を本格的に始動させていくんですよ〜

作りた物を作って、維持できるなら最高ですが・・・
これで食っていこうと決めたなら、食う為に何をするか?食う為にどうするか?ってのを真剣に考えて、逆算で組み立てて行かなくてはなりません!

みんなが思うアパレルブランドの立ち上げじゃないですよね〜?

でもね。
この組み立て方は継続していく為には絶対に必要だと思いますよ( ✌︎’ω’)✌︎

  • SHARE